ネイルサロンでネイルをオーダーするとき気を付けたいこと3選

長い爪のデザインはなるべく避ける

指先が長く見えると美しいからなるべく長いデザインがいいという人もいますが、そのようなネイルに生活感は感じられません。「家事をするときにはどうするんだろう?家事をしない人なのかな」とマイナスに思われる可能性もあります。そうなれば女性としての印象も下がってしまいます。おしゃれをしたい気持ちはいいのですが、人に与える印象もよく考えてみてください。なるべく短めでお願いすれば印象が悪くなることはありません。

派手な色は部分的にする

明るい赤など派手な色が好きな人もいらっしゃるかと思います。だからといって爪全体を赤にしてしまうと、日常生活で爪だけ浮いてしまうことにもなりかねません。いくら派手な色が好きでも、ワンポイントなど部分的にした方が無難です。オーダーするときはいつものことを考えた上で色を決めましょう。全体が赤だと派手なイメージになってしまいがちですが、ワンポイントなら可愛らしい印象になります。さりげなく取り入れることを意識してみてください。

時にはネイルオフして爪を休ませる

ジェルネイル、スカルプネイルなどのネイルアートは美しいですが、爪にも負担をかけます。あまりにも負担になると爪が白っぽくなってきたり、黄ばんだりすることもあるようです。そうならないためにも時にはネイルオフして休ませる期間も必要です。ネイルサロンや化粧品店で販売しているオイルなどを使って爪の栄養を補給することもできます。健康な爪でいるためにも、たまにはネイルをオフする期間をはさみながらおしゃれを楽しみたいものです。

美容業界で、現在ではネイリストが非常に人気の高い職業です。とてもオシャレな雰囲気を持っている職業でもあります。